カテゴリ:照明器具 ベースライト MYシリーズ
メーカー:三菱 MITSUBISHI
型番:MY-L430130/N AHZ MYL430130NAHZ
旧型番:MY-L430030/N AHZ

セット形名
MY-L430130/N AHZ
構成形名
EL-LHL40700 ( LED照明器具 LEDライトユニット形ベースライト(Myシリーズ) )
EL-LU43013N AHZ ( LED照明器具 LEDライトユニット形ベースライト(Myシリーズ) ライトユニット )

●初期照度補正と5~100%の信号制御連続調光に対応可能

●ライトユニットの発光面を改良してさらに光を均一化
●従来機種に比べ消費電力9.7%ダウン,器具効率10.7%アップ
●Ra(平均演色評価数)85
●昼白色(5000K)

定格:初期照度補正付連続調光5~100%
明るさ:FHF32形x1灯 高出力相当
光色:昼白色(5000K)
定格光束 (lm):3200
定格電圧 (V):AC100~242V
定格消費電力 (W):21.4
固有エネルギー消費効率 (lm/w):149.5
光源寿命 (時間):40000時間(光束維持率85%)
平均演色評価数 (Ra):85

※商品の機能・詳細につきましては三菱のホームページか下記までお願いいたします
【三菱お客様ご相談センター】
フリーダイヤル 0120-348-027



※この商品は受注生産品です。ご注文後約3~7週間を要します。予めご了承ください。








 ◎照明関連 【おすすめ Fケーブル】 (※適合に関しては事前にご確認ください)

VVF1.6x2C

VVF2.0x2C

VVF1.6x3C

VVF2.0x3C

【最安値挑戦中!SPU他7倍~】三菱 MY-L430130/N AHZ LEDライトユニット形ベースライト 直付形 トラフタイプ一般タイプ 初期照度補正付連続調光 昼白色 [∽]

 スタッフのつぶやき
【H区分】東芝施設 LEKT212323WW-LD9 (LEET-21201-LD9+LEEM-20323WW-01) ベースライト 一般形 畳数設定無し LED【setsuden_led】
 スタッフのつぶやき
【最安値挑戦中!SPU他7倍~】三菱 MY-SK460000N/5 AHTZ LEDライトユニット形ベースライト パネルタイプ 埋込形 連続調光段調光付 昼白色 受注生産品 [∽§]
 
 論文紹介
オーデリック LEDベースライトXL251147P1E
 スタッフのつぶやき
XL501011P4A 送料無料!オーデリック レッド・ライン 直付型反射笠付 LEDユニット型ベースライト [LED]
 スタッフのつぶやき
アニマルセラピー(仙台培養部 佐々木)
 スタッフのつぶやき
ベースライト XLX430NKNLE9 パナソニック LED(昼白色)

今月の診療予定 医師外来担当者

【最安値挑戦中!SPU他7倍~】三菱 MY-L430130/N AHZ LEDライトユニット形ベースライト 直付形 トラフタイプ一般タイプ 初期照度補正付連続調光 昼白色 [∽]

【最安値挑戦中!SPU他7倍~】パナソニック XLX430PELJRZ9 一体型LEDベースライト 40形 下面開放 調光 ライコン別売 電球色 [∽]
お電話
受付時間
月・水〜土曜日 9:00-17:00
火曜日 9:00-12:00

【K区分】オーデリック XL251649E (ランプ別梱包 NO340E) ベースライト 一般形 畳数設定無し LED【setsuden_led】

【最安値挑戦中!SPU他7倍~】三菱 MY-L430130/N AHZ LEDライトユニット形ベースライト 直付形 トラフタイプ一般タイプ 初期照度補正付連続調光 昼白色 [∽]

オーデリック XD266102P1 LED ベースライト LED-TUBE 40形 埋込型 下面開放型 幅広タイプ 非調光
体外受精について
体外受精・顕微授精について治療の流れをご紹介しております。一人一人にあった治療法をご提供します。
不妊治療セミナー
大光電機 Hf埋込ベースライトDBF2867LW
当院では通院回数や費用の負担軽減のため、ほとんどの患者様に自己注射を実施していただいています。
【当店おすすめ!iDシリーズ】 パナソニック Panasonic 施設照明一体型LEDベースライト 40形 埋込型 フリーコンフォート W150 温白色2000lmタイプ FLR40形×1灯器具節電タイプ 基本灯具 調光タイプ埋込XLX410FEVJ LA9
【K区分】オーデリック OL251798 ベースライト 間接照明 調光器別売 畳数設定無し LED【setsuden_led】
PrimoVision動画
エンブリオモニタリングシステムの導入により培養器内での観察が可能となりました。